釣り道具、ベイトリールが、あればいい

へそ曲りベイト道ひっさんは ベイトタックルがお好き

リール 改造

XROSSFIELDのBFスプールを観察してみた

更新日:

DECIDER7に使える事が分かったXROSSFIELDのBFスプール

若干仕様が異なる様ですね。

すぐにわかったのはここ。

IMG01264

ホイールに例えるとスポークの部分の穴の大きさ

DECIDER7の方はギリギリまで大きい穴が空いているが、

こっちは縁に少し余裕が見て取れる。

恐らく、より廉価版なXROSSFIELDとの差別化を図っているのかもしれない。

性能的な差別化というよりは、ユーザー層を見越しての強度的な安全策の様な気がする。

 

根掛かりした時、バックラッシュした時、その他、

スプールを曲げてしまう可能性が高いのは、失礼な言い方かもしれないが初心者の方々だろうと思う。

よく釣り場でも見掛ける光景が、根掛かりを外そうと竿をあおりまくっている人。

散々振り回して外れなければ、竿を肩に担ぐように引っ張ったりしている。

案の定、悲惨な音をたてて竿は折れる。

そういうひとに限って安物だから折れたとか、不良品とか言うのだろう(想像だけどw)

そういう使い方をすれば、昔のリールなら壊れないかもしれないが、

今どきのフィネススプールなら曲がるだろうね。

説明書にもちゃんと書いてある。

そういう事を想定しているんじゃないだろうか。

 

で、差別化されたであろう肝心の重さは

IMG01269

14.9g、ではなく

IMG01267

15gですね、シャッタータイミングで自分の鼻息で数値が動いた(本当です)

DECIDER7は

IMG01153

14.8g

僅かな差かもしれないが、そこには確実にコンマ2gの差がある。

どっちにしても穴空け加工と旋盤加工によりこのスプールは化ける。

 

レボLTとかは持っていないし使ったこともないが、

あれのスプールは7.7gとかだそうだ。異次元じゃねーか!

DECIDER7のスプールはギリギリまで追い込んでもとてもそれには及ばなかった。

シャフトが長い分重さも相応に増しているだろう。

中心部分だから影響はまだ少ないかと思う。

 

実際アジングで使った感じだと1.2gジグヘッドで、

隣のスピニンガーの8~9割位の飛距離だったから全然使えなくはない。

(まだそれ程削り込んでいない時の仕様で、今の仕様にしてからは釣りに行っていない)

2g以上であれば全く引けを取らない飛距離であった。多分。

0.9g以下とかだと話にもならなかったがw

 

さて、この掘り出しスプールはどう料理しようか。

今考えているのは、強度は持たせつつ無理をしない程度の軽量化かな。

もしくはそのまま。

PE06号辺りで軽量ワームから12g以下のメタルジグなんかを使える仕様にしておきたいな。

限界まで軽量化してしまうと、PE巻いての重いメタルジグは絶対投げれない。

 

これで純正深溝合わせて3つのスプールになる。

深溝は今PE2号が150m程巻いてある、ショアジギ用に。

PE06号は、軽い3~12gでのショアジギ、他にも色々出来そう。

そして、ナイロン05号でのアジング用、ドラグゆるゆる仕様。

一個のリールで3度美味しい、素敵だ( *´艸`)

ad

ad

-リール, 改造

Copyright© へそ曲りベイト道ひっさんは ベイトタックルがお好き , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.