タックル レビュー 買い物

新しいお洒落ランディングネットを使ってみたレビュー 【雅木鐸フィッシングネット】

家の前を流れる川でのアユ釣りが最近のマイブームになっています。

最初はお試しで適当にやっていましたが、この釣りやってみると意外と面白くてですね、色々と試すようになってきました。

タックルバランスを見直してみたり、リグを工夫してみたり、オモリの代わりにジグを使ってみたり。

装備も適当なバッカンを持ち歩いていたのが、フットワークを重視してウエストバッグにしてみたりですね。

 

そんな中ランディングネットは管釣りで使っていた少々大きな、お世辞にも軽いとは言えないものだったんですね。

正直これが一番邪魔くさく感じましたし、ネット無しでもいいかな?

なんて考えたりもしましたが、やっぱり釣れたアユをポロリするのは嫌じゃないですか。

(アユ針にはカエシがない)

 

何かアユ釣り用に新しいランギングネットを買おうかな〜なんて考えていたところ、タイミングよくメーカーさんからお声が掛かり今回レビューさせていただくことになりました。

本来渓流なんかで使うようなネットになると思いますが、アユ釣りで使った感じは如何に?

 

サイズは色々、お洒落な外見のランディングネット

サイズとデザイン違いが数種類ラインナップされている

今回紹介するのは『雅木鐸フィッシングネット』という商品で、Amazonにて販売中のネットになります。

私がご提供頂いたネットはサイズ違いの2種類でした。

これ以外にも柄の部分のデザイン違いが数種類ラインナップされているみたいですね。

 

小さい方はホントに小さいです、普段海釣りで使っているネットとは次元が違いますw

私の希望は鮎釣り用ネットのサイズに近づけたかったということもあり、大きいタイプをお願いしたんですがそれ以外に小さいネットも送って頂きました。

小さい方は現物を見ると本当に小さく、そしてとても軽いですね。(なんと150g!)

 

実際に使ってみた感じ、どちらのサイズでも問題なくアユをキャッチする事ができました。

まぁ使い方としては通常のランディングネットのように魚を掬うのではなく、空中に抜き上げたアユが落ちないように入れてやる使い方になるので、慣れればサイズはどちらでも大丈夫かと思います。

だって私の場合、鮎の友釣り師のようにカッコよくキャッチする訳ではなく、ぶら下がった魚が落ちないうように下から入れるだけですからw

 

今ではより軽量な小さい方をむしろ好んで使っています。

ただ釣っているアユが大きくても20センチ程しかないので、もしこれ以上の大きさの魚になるとその限りではないかもしれません。。。

小さいサイズでも網の深さがそこそこあるので、30センチ位までの魚なら大丈夫とは思っています。

 

仕上げの感じ方は個人差あれど

お洒落なデザインのこのネットですが、仕上がりに関しても個人的には必要十分だと感じています。

木を曲げて作ってある輪の部分などは、湾曲に多少の歪みが見受けられるものの使用上は全く問題ありませんし。

 

取手の部分は非常に綺麗な作りですし、価格を考えれば十分ではないでしょうか。

網の縫製も多少糸が残っている程度で、使用上は問題ありませんでしたね。

Amazonのレビューなどでは接着剤がはみ出ているとか書かれていましたが、まぁこそはそんなに気にしません。

棚に飾る訳じゃありませんからね。

 

あ、あと謎の香水?の香りが開封後しばらく強く香っていました。

(おそらく仕上げに使っているワックスかなにかの匂い?)

きっと綺麗なお姉さんが梱包してくれたものだと思い込んでいるのですが、強い匂いが苦手な方は釣行前に開封した方がいいかもしれません。

一回川で使った後は匂いはほぼしなくなりました。

 

マグネットは付いていないので要注意!?

ここで一つ問題があります。

商品名にもはっきりと明記してある『3.5kgネオジウム磁石』というのは付いていません。

真鍮製のスイベルのみとなります。

 

なぜ商品名になっているのかは謎ですが、これはメーカーさんに確認したところ付属していないとのことでしたので間違いありません。

もしマグネットで脱着したい場合は、別途購入する必要があります。

ネット自体が非常に軽量なので、2kgタイプで良いかと思います。多分

 

私はウエストポーチのベルトに差して持ち歩いているのでこのままでも問題ないのですが、中にはマグネットを外そうと無理くり引っ張って金具を壊してしまった方もいらっしゃる様ですので注意してください。

せっかくいい商品なので、ここは商品名の変更をメーカーさんに求めたいところですね。

 

まとめ

映える写真で難しいですよね、魚ちっちゃいし。(一応魚写っていますよw)

今回たまたまタイミングよくご提供頂きましたが、オッサン臭い鮎釣り用ネットを買わなくて良かったと本当に思っていますw

やっぱりせっかく釣った魚をお洒落に写真に収めるには、こういうネットの方が映えますからね。

 

今後も鮎釣りやもしかしたら渓流なんかもやるかもしれないので、その時はこのネットに活躍してもらいたいと思います。

-タックル, レビュー, 買い物

© 2022 ベイトだけで、イイかもね。