釣り道具、ベイトリールが、あればいい

へそ曲りベイト道ひっさんは ベイトタックルがお好き

YouTube シイラ ショアジギ講座 ヒラメ ライトショアジギング 豆知識

ベイトタックルでのショアジギ講座 その1「なんでベイト?」

更新日:

私ひっさんは、ショアジギングが大好きです。

色んな魚に出会える喜び、大遠投する楽しさ、強烈な魚のファイト。

 

あまり細かい事を気にしなくても、釣れる時は釣れるイージーな側面を持ちつつ、

より大きく、より多く釣ろうとすると、

これがまたナカナカ上手くいかなかったりもします。

もちろん全く釣れない時もたまにありますw

↑全く釣れない日に撮った写真w

 

そんなショアジギング(以下ショアジギ)、ご存知の通り私はベイトタックルオンリーで楽しんでいます。

YouTubeにも多くの動画を公開させていただいておりますが、

ちょくちょくご質問を頂く事も多く、それならばとここのブログに

ひっさんがやっているショアジギの詳細をまとめてみようと思った次第でございます。

 

多分長くなると思いますので、それぞれの項目に分けて書いていきますね。

少しでも参考になれば幸いです(・∀・)

 

メタルジグ18~40gのライトショアジギングが手軽で面白い

ショアジギと一言で言っても、実は凄く幅が広い釣りです。

岸からジグを投げる釣りという訳ですが、

ジグには1gという極小のものから数百gというヘビーなものまであります。

 

このうち私ひっさんが所有しているジグは3~100g、

主にショアジギで使っているのは7~60gのジグとなります。

 

今後は7g以下の超ライトなショアジギも展開していきたいとは思っていますが、

ここでは一般的なベイトリール(注1)でカバーしやすい18~40gあたりのジグを使う、

世間一般ではライトショアジギングと呼ばれる釣りについて、紹介しておこうと思います。

 

基本的にジグの重さが変わっても、タックルが変わるだけで本質的な部分は変わりませんので、

参考にしていただけたらと思います。

  1. ここでいう一般的なベイトリールとは、バス釣り用として販売されているキャスティングができるリール、もしくはそれに近い大きさのベイトリールのことです。

シイラのショアジギ動画です。

 

なにもベイトタックルでやる必要もないけど、かといってスピニングにこだわる必要もない

よくベイトタックルで釣りをしていて、YouTubeに動画を投稿していて、

「ベイトタックルの利点ってなんですか?」

「なんでベイトタックルなんですか?」

という質問を聞かれます。

 

先にはっきり言っておきますと、ベイトタックルの利点なんてものは無いと思っています。

好きだから使っているだけの話です。

 

よく雑誌とかに書いてあるようなベイトタックルのメリット

  1. 太いラインが巻ける
  2. コントロール性が良い
  3. パワーがある
  4. フォール中のアタリが取りやすい

なんてものはあまり関係ありませんし、

少なくとも私はそういうつもりで使っている訳ではありません。

 

1.バスやる人がフロロの太糸を使えるって意味だと思います。

太いラインを巻いても、飛距離が落ちたりトラブルが増えたりしないのは確かですが、

使うリールにはPEを200m巻きたいので、必然的に太さはあまり太いのは使っていません。

 

2.大海原にひたすら遠投するので、コントロール性はどうでもいい部分です。

(斜め横とかに飛んでしまう人は、スピニング、ベイト以前の問題ですw)

 

3.パワーはあるかもしれませんが、その恩恵にあずかった経験は今まで無いですwww

逆にドラグ性能は確実に劣ります。

 

4.フォール中のアタリは確かに取りやすいとは思いますが、それ程のメリットですかね?w

 

逆にデメリットならありますよw

  1. バックラッシュする
  2. 飛距離が劣る
  3. 親指が火傷する
  4. タックルのラインナップが少ない
  5. ドラグ性能が劣る

1.バックラッシュはまぁ仕方がないですが、これは練習で改善できます。

最新のブレーキシステムを搭載したリールを使えば、さほど心配はいらない?かも?ww

 

2.飛距離はそれ程劣るとは思っていません!多分。

無風、追い風でしたら。

向かい風ではちょっと辛いのは事実ですが、それも含めて釣りの楽しみなんです!(・д・)チッ

 

3.大遠投を長時間続けていると、親指が火傷して痛くなってきます。

ただ、これは過去に2回しか経験したことがないのでデメリットという程ではないと思います。

多分、スピニングでも指痛くなるんじゃないですかね?指グローブしていない人は。

 

4.タックルの選択肢が少ないのは否めません。

が。

一人でそんなに沢山タックルを使うわけではないですよね?

せいぜい1本か2本。

大丈夫です、それ位は売ってますからw

 

5.ドラグ性能が劣るのは間違いありませんが、

それはまぁ・・・我慢しましょうwww

 

ちょっと古い動画ですが、一番大事な事を最後に言ってます。

まとめ

どうでしょう?

別にスピニングじゃあなくてもいいって気持ちになりましたでしょうか?ww

無理してベイトを使う必要もありませんが、スピニングに縛られる必要もないんです。

 

みんながスピニングだから自分も?

そういうの、嫌いなんですよ。(B型なものですからw)

 

そもそもですね、メタルジグというルアーはですね、

数多くあるルアーの中では、最もぶっ飛ぶルアーなわけです。

 

それを飛ばないとかバックラッシュするっていう理由でベイト使わないんじゃ、

いつベイト使うんですか?www

 

別に無理して使わなくても良いんですけどサ。。。(・д・)チッ

 

こんな感じで釣れると楽しいですよね(・∀・)

続く。

ad

ad

-YouTube, シイラ, ショアジギ講座, ヒラメ, ライトショアジギング, 豆知識

Copyright© へそ曲りベイト道ひっさんは ベイトタックルがお好き , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.