Twitter 雑談

釣りに行かずに釣りを楽しむ『部屋釣り』のすすめ

釣りに行きたくてもなかなか釣りに行けない。

  • 仕事が忙しい。
  • 嫁様の許可が下りない。
  • 子育てで家を空けられない。
  • 怪我をした。
  • 金が無い・・・(´・ω・`)

理由は色々あるけれど、とにかく釣りに行けない。

そんな人、多いのではないでしょうか?

 

そう、私もその一人です。

上の全て当てはまりますww

 

たとえそんな状況であっても、釣りが好きだし釣りを楽しみたい。

だったらフィールドに行かない『釣り』を楽しめばいいじゃないか!

 

みんなで広めようぜ、釣りに行かない魚釣りを!

 

家にいながら釣りを楽しむ

langll / Pixabay

家で釣りするってどんな事?

と思われるかもしれませんが、ここではバケツに水を入れて部屋に持ち込み、小魚泳がせて釣りをするって事を言っている訳ではありません。

子供の頃やったことは2回あるけど。。。

 

釣りの楽しみ方はなにも海や川で魚を釣るだけではないってことです。

  • 道具を選んで楽しい
  • 道具を買って楽しい
  • 買った道具を眺めて楽しい
  • 状況に応じた使い方を考えて楽しい
  • 道具を手入れして楽しい
  • 道具を改造して楽しい

なんか道具が中心の楽しみ方ばかりになってしまいましたが、ざっと考えただけでもどんどん出てきます。

いくらでも出てきますw

そう、買い物だって釣りのうち!です( `ー´)ノ

 

どこにいても頭の中では釣りをしていた

電車の車窓から見た川や池、誰だって一度はそこにルアーを投げたイメージをしたことあるのでは?

あそこの流れ込みにペンシル投げて、ガバッ!

あのオーバーハングの奥にノーシンカーワームをぶち込んでスー・・・ククン、とか。

キャスティングスキルがなくても理想の釣りが可能です。脳内ですからww

 

私は昔歯医者で痛みを我慢するときは、ひたすらバズベイトを投げまくってそこにバコッと出るシーンを繰り返しイメージしていましたw

実際にそういう風に釣ったことはありませんが。。。

眠れない夜は静かな水面に浮かぶ一本の棒ウキを思い浮かべていたものです。

余計眠れなくなりました。

 

昔からタックルボックス整理は大好きでした

小さなボックスにお気に入りのルアーを最小限入れて、そこから展開する釣りを思い描く。

なんだか大人の愉しみ方の様ですが、小学生の頃からずっとこうですww

ルアーに限らず、餌釣りの場合も同じ。

釣り具ミニマリストの勧め

 

これ、めっちゃ楽しくないですか? 俺だけか?

明日行くフィールドに合わせたルアーセレクト、一つの小さなケースにまとまった時の何とも言えない嬉しさ。

帰ってくればそのケースはそのまま酒の肴になります。

 

因みに今年のテーマはあの往年の名作ワーム、スライダーワームのジグヘッドリグで色々な魚を釣ること。

なんでスライダーワームなのかって?

なんとなくロマンを感じたから、なんとなく。

そういう何の根拠もない拘りを勝手に愉しむ事こそ、部屋釣りの魅力でもあるのです。

 

ただし注意点が一つあります。

あまりにも独りよがりな妄想で釣りイメージを固めこみ、それをそのまま実際のフィールドに持ち込む際は要注意です。

理想と現実のギャップにやられて、せっかくの本当の釣りが全然楽しめなくなります。

(経験多数有り)

必ず無難な普通の逃げ道を用意しておくことです。

 

リールクルクルはもはや説明不要の部屋釣りの愉しみ方

もはや説明はいりませんね。

部屋で、ソファーで、布団の中で。

ひたすらリールをクルクルクルクル。

 

これほど楽しい遊びはなかなかありませんよね、これ程理解されない遊びもなかなかありませんが。

 

リール単体でもいいですが、お勧めはパックロッド。

グリップにリールを乗せただけで、あなたは更に広く深い世界に入っていくことでしょう。

 

眠くなってきた、続く・・・(多分)

 

-Twitter, 雑談

© 2020 へそ曲りベイト道ひっさんは ベイトタックルがお好き