雑談

残念!釣りで感じる「ストレス」を3つ考えてみました。

釣りしてるとき、釣りに行くとき、色々なストレスってあるかと思います。

 

釣りに行くこと自体がストレス解消の為っていうわけではないのですが、

本来楽しみにして行っているはずの釣りでストレスを感じる事って、

実は結構あるっていうのが本音です。

 

そんなひっさんの、本音をちょっとぶっちゃけたお話。。。

 

早起き、渋滞、そんなのはストレスではない。

釣りに行くときは、たいてい朝早くまだ暗いうちに家を出たり、

もしくは前日の夜のうちに出発したり、

とにかく寝不足になりがちなスケジュールで動く事は多々あります。

 

また釣り場に向かう道中、

予期せぬ渋滞に巻き込まれたりするかもしれません。

早く釣り場に到着したいのに!

 

しかしこんな事でストレスを感じる程、

私ひっさんの心は余裕がない訳ではありません。

遊ぶためですからこの程度は当然のこと。

 

流石に7時間も渋滞にはまれば、

そりゃあ多少は疲れますけどねw

初めに訪れるストレス、場所取り。

本当のストレスは釣り場に着いた時から始まります。

 

これは地域や釣り場によっても全く状況は変わってきますが、

少なくとも関東近郊で、ショアジギやアジング、あとなんだろ?

これらの釣りでまともな釣果を期待しようとすると、

必然的にそれなりに混雑するポイントになってしまう気がします。

誰も知らない秘密のポイントというのは知らないので。

 

そうすると、それがたとえ平日の夜中であろうと、

釣り場に着くや否や、場所取りの為に並べられたクーラーボックスを目の当たりにすることになります。

 

せっかく何時間も掛けて行った釣り場で

「入れる場所、無いじゃん・・・」

となるのです。

これ、ホント嫌。

 

そして、せっかく入れる場所を見つけて釣り初めると、

こんどは後から黙って割り込んでくる輩の多いこと。

「それは無理でしょ!」

っていうレベルで割り込まれますからね。

だんだんこっちに向かって投げてきて、下手すると平気で被せてきて。

何度も絡まり釣りには集中できず、注意しても無視されるか、その時だけ直ってまた同じ繰り返し。

そしていつの間にか肩身の狭い思いをして釣りしているという。

 

【↑この動画では一応仲良く釣りはしていますが、それでも結構狭くて狭くて・・・】

 

そんなの当たり前じゃん!

場所取りは戦いだ!

と言われる方もいるでしょう。

人それぞれではあると思いますが、個人的にはこれらは辛いです。

ホント嫌。。。

 

スノーボードやってた時もリフト乗り場やゲレンデの混雑は大嫌いでしたし、

サーフィンやってた時も、良いポイントは必ず混雑していて全然波に乗れない。(パドリング遅いからw)

数々の遊びから離れた理由がこの「混雑」なんですよね。

 

釣りは、釣りモノを選ぶことでこの「混雑」から逃れる事も一応可能なのが、せめてもの救いにはなっています。

ハゼ釣りなら大丈夫かな、みたいな感じでw

エリアトラウトもそういう意味での良い逃げ道になってますし、

オフショア(タイラバ等)も今後増えていきそうな予感です。

沖に逃げようか、ボートはブルーオーシャン♪

 

あ、でも鹿児島だとオカッパリでもこの手のストレスは皆無ですね。

もちろん場所にもよりますけど、関東の比ではないです。

 

釣れない時って、実はストレス?


かっこつけた言い方をするなら、

フィールドに立って、竿振れただけで楽しかった。

釣れない時こそ、魚を、パターンを、探し、それこそが釣りの醍醐味。

簡単には釣れないからこそ、釣りは深く楽しい。

 

イヤイヤイヤイヤ、釣れない釣りは辛いだけですって!w

やっぱり釣れてこそ楽しいんです!

丸1日メタルジグ遠投してシャクって、釣れない時はマジでキツいですからwww

 

ましてや、自分が釣れないのに隣で釣られた時のストレスったらないですぜ。

口では

「やりましたね!」

とか言っちゃてる人も結構多いかと思いますが、

どーせ内心は「チッ」ってなってますって!w

そうでしょ?正直になってくださいよ!

 

「バラセ、バラセ、バラセ、バラセ・・・」

って思っているはずww

 

「社長!ナイスショット!」

と一緒ですって!( `ー´)ノwww

 

一番のストレス、それはゴミ。

なんだかんだ言っても、結局一番ストレスなのがこれ。

ホント、何なんでしょうか!


私の持論ですが、釣りする奴に悪いやつはいないなんて全くの嘘ですからね。

釣りする奴は悪い奴ばっかりなんじゃないか!?

と思える程に、ゴミ捨ては多いです。

ホント、何なんでしょうか!


あちこちが釣り禁止になっている原因の一つがこのゴミ問題とも言われています。

一人一人が自分のゴミを持って帰れば、何も問題ないはずなんですけどね。


そして、タバコも。

過去には空き缶のポイ捨てを注意していた正義のおっちゃんが、なんとタバコを海にポイ捨てしてました。

どうやらおっちゃん的にはタバコはゴミにカウントされていないらしいです。。。

 

注意出来ない自分がまた悲しい

釣り場で仲良くなったり、隣でお話しながら釣っていた人。

たいていの釣り人は話をしているととても良い人なんです。

 

そんな人が、当たり前の様にゴミやタバコをポイ捨てしたら。

ホント、裏切られた様な気持ちになります。

 

「あ、ゴミ袋ありますので使ってください」

と言える時、言える雰囲気の相手だったらまだいいのですが。

 

例えばそれが、同行者(友人や知り合い)の会社の上司だったり、その取引先の人だったりする事もあったりします。

同行者にも一応気を使いますから、下手なことは言わない方がその場の空気的にもいいのかな、なんて思ったり。

なんでゴミ捨てる様な奴の為に気を使わなきゃならんのか?

私ひっさんは日本語が器用に使えない為、角が立たない言い方を知らないんですね。

高確率で喧嘩に持ち込めますww

結局、注意出来ない自分にストレスを感じ、そんな自分が情けなくなります。

【相手を選ぶのが残念ですが、一応注意もします】

 

初めて同行した釣り人がタバコを吸い出すと、

それだけでタバコの行き先が気になって仕方がありません。

ポイするんじゃなかろうかと。

携帯灰皿を使われた時の安心感と、その人に対する好意っていったらもう❤️

 

まとめ

自分勝手な考えかもしれませんし、

じゃあ釣りすんなよと言われるかも知れません。

 

でも結局こんなストレスを感じながらも、

やっぱり釣りが好きなんですよね。

そう、釣り人はドMと言うことなんですw

 

魚を騙して、針引っ掛けて引きずり回し、

自己満足のキャッチアンドリリースを執行するという意味では、

ドSと言える訳ですけど・・・( ̄ー ̄)

-, 雑談

© 2021 へそ曲りベイト道 ひっさんのブログ