雑談

柳瀬川のマルタウグイを求めて・・・

未だ釣った事ない魚リストに君臨し続けている魚

マルタウグイ

春、川に遡上してくる魚として昔から知ってはいました。

 

今から30年も前の「少年釣りトップ」という釣り雑誌にも、

涸沼川のマルタウグイが特集されていた事をよく覚えています。

 

そしてYouTubeなんかでも比較的イージーに釣れる魚として、よく紹介されていますね。

関東では多摩川や柳瀬川なんかが熱いらしいとのこと。

柳瀬川・・・

家から車で数分の、よく外飯なんかもやっているあの柳瀬川・・・

 

これは釣っとく必要はありますねww

 

実は去年も惨敗していた柳瀬川

実は去年も一回釣りに行ってるんですね、柳瀬川に。

結果は惨敗ww

マルタウグイの姿は多数確認できたものの、スプーンには見向きもせず逆に逃げていくありさま。

釣りあるあるですよね。

 

その時は時期が遅かったかな、もうスレちゃったかなと勝手に判断してリベンジしなかったんですね。

 

そして今年。

YouTubeのコメントでも「釣れてますよ」との情報も頂き、

なんだかんだとしているうちに4月に入ってしまいまして、

去年の二の舞にならないように行ってきました。

柳瀬川に。

 

全然確認できない魚影、ある一か所を除いては。

世間は花見で盛り上がっている中、ロッドとカメラ三脚を持って行ってきました。

上流はいつも外飯をやっている金山緑地公園のちょい上まで、下流は関越自動車道まで。

その間、ほぼめちゃ浅な川が続き魚影は全く確認できませんでした。

一か所を除いて。

 

去年もマルタの魚影を確認し、釣りをしたその場所には今年もいました。

数匹でしたが。

あとはデカい鯉。

 

今年はマルタウグイ少ないのか?

まだここまで上がってきていないのか?

それとももう帰っちゃった?

 

色々考えますが、とりあえず釣りすることに。

 

ひっさん、中学生数人にいじめられるww

192635 / Pixabay

対岸までは数メートルという狭いポイントですが、釣りをすることが出来る場所を確保し、

ちょっと上流にはのべ竿の少年達、ちょっと下流にはなんか騒いでパン鯉している(のかな?)中学生達。

そんな場所で釣り開始。

月曜日とはいえ、春休みですもんね。

 

スプーン、フェザージグと、要はエリアトラウトのワレットの中のルアーを色々試すも、

時折泳いでくるマルタウグイは全くの無反応。

いや、反応はするけどプイっという反応ww

 

三脚を立ててカメラで撮影しながら釣りをしていると、

なにやら対岸下流で騒いでいた中学生がこちらに向かってなんか騒いでいる模様。

 

「ユーチューバ~」

「あ~YouTube観たいな~」

「ヒカキンおもしれ~」

 

明らかにからかわれていますww

こういうのは殆ど経験なかったんですが、別に気にもしないしほっといたら、

エサに使ってた食パンを蒔きはじめました。

流石に正面からはやってこないにしても、5m上流、5m下流と水面はパンだらけ。

わざと?対岸を走り周り、そのうち石とか投げ始め、釣りどころじゃなくなったのでこの日はここで終了です。

 

中学生達、遊んでくれてありがとう。

 

次は場所探しからリベンジしますよ

マルタウグイは釣れている。

それは事実。

もうちょっと下流なんでしょうかね、YouTubeにも動画が出ているので調べて行ってみようと思います。

多摩川でもいいんですけど、せっかく近所の川で釣れていますからね。

そろそろ釣れてる釣り動画も出したいところなんですよね(`・ω・´)ゞ

 

とりあえず今回はベイトフィネスではないALC-IB7でやっているので、

せめて参考になりそうなキャスト数値だけ拾っときました。


 

 

というわけで、釣れない釣り動画ばかりをアップし続けるのも心苦しいため、

せめてブログのネタにでも、という今回の日記でしたwww

 

去年のやつ↓

-, 雑談

© 2020 へそ曲りベイト道ひっさんは ベイトタックルがお好き