リール ロックフィッシュ ロッド

夏の西伊豆ゴロタ浜〜ロックフィッシュにハマった

夏と言えばタコ・・・じゃない、西伊豆のシイラのショアジギングなんですが、ここ近年良い思いをした記憶がないんですね。

ということで今年も行ってきました、シイラのショアジギング。

 

結果は・・・なんですが、シイラが回遊してくるまでの合間に楽しむロックフィッシュにすっかりハマってしまったので、ここに記しておきたいと思います。

 

ショアジギングでも釣れるロックフィッシュ

シイラは釣れませんでしたが・・・

これまでもここの釣り場では度々アカハタやカサゴ等のロックフィッシュが釣れていました。

何度かは狙ってワームやタイラバを投げた事もありましたが、大半はメタルジグをボトムに落とした時でした。

 

そう、バックラッシュを直している間に釣れちゃったパターンですね。

 

しかし今回は違います。

ショアジギング用のロッドとは別にロックフィッシュ用のロッドも別途用意しておき、回遊が見受けられない時やジグをシャクるのに飽きてきた時にロッドを持ち替えてロックフィッシュを狙う、そんな心がブレブレな釣りになります。

だって前回行った時、シイラが全然釣れなかったんだもん。。。

 

 

とりあえず用意してみたタックルは・・・タコ用?

今回まず用意したタックルは、先日までライトタコとか言ってタコ釣りに使っていたタックルになります。

  • ロッドはクロスフィールド XRFC-702M
  • リールはブラックマックス4
  • ラインは巻いてあったPE2号(残90m位?)にリーダーフロロ3号

これに合わせて使うルアーは、過去にも多用していたグラスミノーMとシンカー7〜14gの組み合わせ。

今回のロッドはパックロッドの704Mでななく、2ピースの702M にはなるので厳密にはタコに使っていたロッドではないですけどね。

実質同じロッドですので。

【インプレ】XRFC-702MとXRFC-704M-MBの使用感とお勧め用途

これまで多くのブログ記事やYouTube動画で紹介してきましたコスパ最強のロッド。 アブガルシアのクロスフィールド、XRFC-702MとXRFC-704M-MB。 特にXRFC-702Mに関しては誰よ ...

続きを見る

 

このタックルを選んだ理由は特に深くなく、

  • 30センチクラスのロックフィッシュに丁度いい手持ちのロッドが702M だったと
  • 最近買ったリールを使いたかった
  • ドラグが鳴らないリールなのでフルロックにする気になれる
  • ラインは巻いてあるやつそのままでい〜や(メンドクサイから)

こんな感じです。

最初はいつもこんな感じです、そこからハマって色々煮詰めていく工程が楽しいのです。

 

 

釣り方はボトムを狙うがネチネチしない

釣り方は基本的にはリフト&フォールを中心に、時折スイミングさせたりして釣りました。

というのもそこの釣り場がゴロタ地帯でしたので、ボトムをネチると速攻で根掛ってしまうんですね。

ですから止めない釣りを意識していました。

もっといい方法や釣り方があるかもしれませんが、それは根掛りやその時の魚と相談して煮詰めていきたいと考えています。

 

HRF PE SPECIAL も試してきた

シイラの方はさっぱりだったのですが、こっちはそれなりにアタリも多く楽しめました。

しかし使っているリールに一つ問題点が上がりました。

 

それがタコ用セッティングのままのPEラインです。

ブラックマックス4をタコ釣りで快適に使うために、PE2号をスプールの半分ちょっとという量しか巻かない事によって巻取りトルクを稼いでいたのですが、これが仇となりました

とにかく巻き取りが遅いので、根に潜られるんですね。

 

実際にガッツリ潜られたのは一度だけだったのですが、あれは多分デカかった・・・

潜られないにしても、フッキングしてからの動作に全く余裕がないのです。

ラインスラッグを散る動作も忙しい。

そして思いっきり遠投する釣りではないにせよ、とにかく飛ばない。

 

という訳で途中からリールをHRFに交換してみたわけでございます。

せっかくのハードロックフィッシュ用ベイトリールなんですからね。

 

HRFを使ってみて分かったのが

  • 楽に飛ぶ(ラインが多く巻かれているからというのもある)
  • ラインスラッグを取る動作が楽
  • 釣れてからも楽

と、とにかく楽な印象でした。

 

予想外だったのはハンドルノブですね、意外と力が入りにくく握りにくい形状だったということですね。

そして釣りが終わってから釣り場の駐車場に設置されている水道を借りてリールをよく洗って帰ってきたのですが、数日後塩が噛んでしまったということです。

今回たまたまだったのか分からないのですがタトゥーラの時の件もありますし、釣行後の水洗いに関してはもうちょっと気を使うべきなのかもしれません。

 

次回への課題

やっぱり個人的にはブラックマックスで遊びたいという気持ちが拭えませんでした。

ですからまずは少ないラインを巻き直し(下巻きを入れるか交換する)、ラインの最大巻取り量を稼いでやること。

そしてリーダーはもうちょっと太くすること。

あとはフックやシンカー、ワームをもうちょっと充実させて出直しですかね。

あ、もちろんメインの釣りはシイラのショアジギングなんでけどねw

 

-リール, ロックフィッシュ, ロッド

© 2021 ベイトだけで、イイかもね。