雑談

一番好きな季節

秋が一番好きな季節です。

〇〇が釣れるからとかそう言うのではなくて、単純に季節として好きなんです。

ですから今回の話は釣りとは全く関係ございません。

単なる戯言です。

 

日本には四季の移り変わりがあって、本当に良かったなと常々思っています。

刻一刻と移り変わる空気と景色。

寒い日、暑い日。

晴れの日、雨の日。

全ての変化を感じ取り、有り難く受け入れています。

 

その中でも秋は格別です。

何かもの寂しい空気感がなんとも言えないんですね。

 

柿の木は秋の象徴で、長閑な気持ちにさせてくれます。

ちょっと郊外に出ると必ず見つけることができますよね。

 

よくわからないけど、赤い葉っぱ。

紅葉狩りに行かずとも、近所で十分堪能できます。

 

桜の木は早い段階から秋を感じさせてくれます。

桜の花ももちろん綺麗なんですが、新緑や落葉の方が好きなのはやはりへそ曲りだからなんでしょうか。

四季の移り変わりを分かりやすく教えてくれる樹ですね。

 

昔観ていたNHKの『みんなのうた』に出てきそうな陰影がたまらなく好きです。

陰影と言えば・・・

 

明星チャルメラのこの世界観も好きです。

これも絶対秋だと思うんですよね、しかも晩秋。

明らかに木枯らしが吹いていますよね。

ちなみにインスタントラーメンはサッポロ一番よりも断然チャルメラのしょうゆ派です。

 

近所の川まで散歩してみたら、綺麗な知らない黄色い花が沢山咲いていました。

いつも思うのですがどうして桜の花はあんなに騒がれるのに、他の花はまるで雑草扱いなんでしょうか?

 

これはまた別の花。

普段車に乗っている時は、全く気が付きませんでした。

 

秋を感じる最たる花はキンモクセイなんですが、時すでに遅し。

先週がピークだったようです。

キンモクセイの香りを楽しめる期間はとても短いんですよね。

ちなみにキンモクセイの香りを『トイレの匂い』という人とは、仲良く出来ない自信があります。

 

たまにはこうしてカメラを持って近所を散策するのも悪くないですね。

こう言うのをYouTubeの釣りチャンネルなんかに公開すると、低評価がいっぱいつくんですけどね。

このブログには低評価ボタンがないので安心して公開できます。

 

と言うわけで、久々に写真を撮って遊んでみました。

せっかく一眼カメラを持っているんだし(動画用にね)、ちょっと写真も拘ってみようかなと急に思い立ったB型にお付き合いいただきありがとうございました。

-雑談

© 2020 へそ曲りベイト道ひっさんは ベイトタックルがお好き