ライトショアジギング レビュー ロッド 買い物

【SXJC-962MH60-KR】ライトショアジギングロッドのインプレ

ショアジギロッド

なんだかんだ色んなロッドでメタルジグを投げて釣りをしていますが、

ショアジギング用のロッドももちろん使っています。

AbuGarcia SXJC-962MH60-KR

かれこれ購入から3年程経ちますが、まともにインプレッションをした記憶がないので紹介したいと思います。

SXJC-962MH60-KRというロッド

KR-Xショアジギング、同シリーズのベイトモデルの中では最も短くライトなモデルとなります。

当初、SXJC-1032H80とどっちにするか悩んだのですが、個人的には『曲がる』ロッドが好きなのでよりライトなこちらをチョイスしました。

簡単にスペックを記載しておきます。

  • 全長 9.6f
  • 自重 227g
  • ルアー 20~80g
  • パワー MH
  • アクション レギュラー

以下、メーカーサイトの紹介文です。

SS KR-X ShoreJigging SXJC-962MH60-KR
使いやすいベイトモデルのスタンダード!

ショアジギングで最も多用する60g前後のジグを標準に設計したミディアムヘビーのベイトキャスティングモデル。

ジグだけでなく、トッププラグも扱いやすいレギュラーテーパーアクション設計。

一日中キャストしても、ロッドが軽いため疲れ知らず。

また糸絡みのトラブルが非常に少ないのも魅力です。

ビギナーの方からベテランの方まで納得できる使いやすいベイトモデルのスタンダード!

ベイトモデルならではの、巻き上げトルク、手返しの良さ、何よりその楽しさを体感して頂きたいスペシャルモデルです!

ピュアフィッシングより引用

良く曲がって楽しいロッド

ショアジギロッドということで購入時はもっとガチガチなロッドを想像していたのですが、

使ってみると全くそんなことはなく、とてもよく曲がってくれる楽しいロッドです。

そして意外と軽い!

一日振って疲れないとか言うとそれは嘘になりますが。

だって普通に考えて一日釣りしてたら何使ったって疲れますよw

 

稀に20センチ程のセイゴやメッキ等がメタルジグに食ってくることがあるのですが、そんな小さな魚でもある程度は引きを楽しませてくれます。

ある程度はねw

一方、大きな魚が掛かった場合でもパワー不足を感じることもなくしっかりと粘ってくれます。

最も、メーターオーバーとなるような魚を掛けた訳ではないので、今後そういう釣りになった時どう感じるかは分かりませんが・・・。

90センチ位までのシイラやブリをサーフや堤防で釣ってきたのに関しては、全然余裕でした。

 

個人的には40~50gがおいしいウェイト

キャスティング性能

メーカーの説明によると60gを標準に設計しているとありますが、私の投げた感じですとフルキャストに関しては40~50g前後が一番おいしい投げ感に感じました。

もちろん60gでも必要十分には投げられますし、80gのタイラバも問題なく投げています。

ですが、気持ちよく思い切りスイングしきれるのはやはり40~50gなのかな?と感じています。

下は気持ちいいのは28g位まででしょうかね、20gとなると気持ちよくはないです。全然投げられますが。

 

先ほどよく曲がって楽しいと書きましたが、その分投げる時の反発力が今一つ物足りないといいますか、60gでも飛距離は出せるのですが何となく振り抜く時にちょっと物足りない印象があるんですね。

これは個人の投げ方にもよるかと思います。

 

フルスイングしない投げ方でも十分飛んでくれる

一方でフルキャストしない投げ方の場合。

広いサーフや誰もいない開けた堤防でしたら必然的にフルキャストになるんですが、

壁が近い堤防だったり、隣後ろにも他の釣り人がいるような時は、

そ~っと後ろにロッドを構えてそこからえいっていう投げ方になるかと思います。

その様な投げ方でも十分ロッドは曲がって仕事をしてくれます。

リリースポイントも比較的イージーでバックラッシュし難い特性という意味では、ベイト初心者でもそこそこ投げられるロッドなのかもしれません。

 

ちなみにそこそこキャストとフルキャスト、投げ方や気合の入り方は結構違うのですが、飛距離は極端には変わりません

せいぜい10~20m伸びるか伸びないか程度の違いです。

 

組み合わせるリールは?

最もよく組み合わせて使ったのが、ロキサーニパワーシューターですね。

個人的にバランスよく扱いやすい組み合わせに感じています。

ただロキサーニはスプールが変に重く(約26g) それ単体で使っている分には気にならないのですが、BV8等に変えた時の軽快な投げ感は忘れられません。

33ミリのBV8、35ミリのロキサーニ、37ミリのビースト、それぞれ全く違う投げ感ではあるのですが、最終的な着水地点(飛距離)はほぼどれも同じというのが不思議ですww

 

今これから使うなら、このままロキサーニパワーシューターを継続させつつビッグシューターコンパクトを組み合わせますね。

ビーストは自重がちょっと重いというのと、ロッドのパワー的にもう少し強いロッドと組み合わせた方がよりスプールを回しきれるのかなと考えています。

 

次買うならSXJC-1033H80-KRかな

パックロッドでショアジギやるのももちろん楽しいし男のロマンがあるのですが、

あの大船に乗ったかの安心感はロングロッドならではなんですよね。

絶対的安心感。

 

とくに現状でこのロッドを買い替える程の不満がある訳でもないのですが、次買うロッドはおおよそ決まっています。

もう1年も前からねw

SXJC-1033H80-KR

 

962MHで唯一足りないと感じているのは、キャスト時のパワーというか反発力なんですね。

実際ロッドのパワーを上げたら体に掛かってくる負担も増えそうなので、それがそのまま想像通りの投げ感につながるかは正直分かりませんけど。

釣りの幅を広げる意味とビーストとのバランスを考えてもやはりこれしかないのかなと。

去年欲しいタイミングでずっと品切れで買いそびれてしまいました。

 

2ピースと3ピースと販売されていますが、個人的には断然3ピースですね。

だって、飛行機で鹿児島に持っていく事が多いので長いロッドケースはホントに邪魔になるんだもん。。。

 

飛行機乗り遅れて新幹線3本乗り継いで鹿児島行ったときは、ロッドケースを持ってゴロゴロ2個押すのが超絶大変でしたww

-ライトショアジギング, レビュー, ロッド, 買い物

© 2020 へそ曲りベイト道ひっさんは ベイトタックルがお好き