メンテナンス

ベイトリールのオーバーホールに必要な工具はこれだけあればOK(工具編)

ベイトリールのメンテナンスに必要な工具類をまとめてみました。

メーカーや機種によってはこれ以外にも必要な物がある場合もありますが、現状私はここに紹介したものだけで日頃のメンテナンスからオーバーホールまで全てこなしています。

 

ここに紹介するものは全て100均でも購入出来ますが、出来ればもうちょっとちゃんとしたものを選んだほうがいいです。

それでも全部買っても多分1000円位ですからね。

 

グリスやオイル等のケミカル類、実際のオーバーホールの工程等ははまた別の記事で紹介したいと思いますので、今しばらくお待ち下さいm(_ _)m

ベイトリールのオーバーホールに必要な油脂類は?(ケミカル編)

ベイトリールのオーバーホールに必要な油脂類(ケミカル類)を紹介しておきます。 油脂類に関しても基本的にはメーカー純正品を使っています。(使うリールとは違うメーカーですが) それほど高価な物は使っていま ...

続きを見る

ベイトリールのオーバーホールに最低限必要な工具

基本的にはこれくらいの工具でリールはバラせます。

ではここからは最低限必要な工具をご紹介していきます。

100均で売っている様な工具でも『よく選べば』問題なく使えますが、出来ればホームセンター等で売っている工具のほうが安心ですね。

普通に買ってもそれほど高価なものではないですからね。

ドライバー各種

  • プラスドライバー 1番
  • マイナスドライバー 4mm

最低でもこの2本は必要になります。

過去にアブガルシア、ダイワ、シマノ、テイルウォークのリールをオーバーホールしてきましたが、だいたい同じようなサイズのネジを使っています。

(ハンドルナットの抑え金具のネジが2番や0番、マイナスのリールは過去にありましたが)

 

お使いのリールのねじサイズをよく確認してから購入してください。

もし不安ならリールをお店に持っていき、お店の人に確認してもらえばOKです。

そういえばタトゥーラは特殊ネジでしたね、私はマイナスドライバーでも外せましたが。。。

たまにネジのサイズが異なったり特殊ネジを使っている場合もあるので、色々対応できるビットセットなんかを持っておくと安心ですね。

 

絶対に守って欲しいのが、必ずネジに合ったサイズのドライバーを使うこと。

ここでめんどくさがって適当なサイズで外そうとすると、後で必ず後悔することになります。

最悪の場合、ネジ一本を壊して外せなくなったが為に、オーバーホールが二度と出来なくなる可能性もあります

タトゥーラはマイナスで外したと書きましたが、自己責任でお願いしますね。

10mmのレンチ

ハンドルを外すのに使います。

それほど強く締め込むナットではないのでスパナでもいいですが、メガネ、コンビ、ソケットレンチの方が安心ですね。

 

モンキースパナでもいいですが、傷をつけやすいので扱いには注意が必要です。

傷つけないという意味では、ソケットレンチが一番無難でしょう。

 

こういうので回そうとする人がいます。

リールを壊す目的でバラすのでしたら止めませんが、大事にする気があるのであればやめましょう。

 

アブガルシアのリールにはこの様なツールが付属しています。

一応これでも使えますが、ハンドルに傷を付けますので取り扱いのは気をつけてください。

 

あると便利なので是非用意しておきたい物

最低ドライバーとスパナがあればリールはバラせますが、しっかりとメンテナンスをするならもうちょっと揃えておきたいものがあります。

ピンセット

なくてもいいんですが、細かい部品を掴むのに一本持っておいて損はしません。

100均のもので十分です。

グリスを塗るのに使用します。

私は平筆の2号を使っていますが、あまり大きすぎず幅5ミリ位の平べったい筆が使いやすいと思います。

これも100均のもので十分ですが、毛が抜けない物を使いましょう。

歯ブラシ

ギア等のの汚れを落とすのに便利です。

使い古したもので十分です。

ウエス類

なければティッシュでも代用出来ますが、細かいクズが出やすいので出来れば用意しておきたいものです。

着古した白いTシャツ(綿100%のもの)が使いやすくてお勧めです。

ヘインズ白Tが最強と言われています。(オレだけ?)

デニムのような硬い素材やポリ系の素材しかない場合はキッチンペーパーで代用したほうがマシです。

キッチンペーパーは机に敷いてバラした部品を並べるのにも使っています。

 

トレー

私は使っていませんが、不慣れな人は部品をなくしますのでトレーを用意したほうが良いですね。

100均で売っている平べったいトレー(土禁の車で靴を置くようなやつw)の中でリールをバラせば、ネジを無くしたりするリスクも減ります。

色は淡い色のほうが部品を紛失し難いです。

100均のキッチン用品のところに売っているステンレスのトレー各種も長く使えてお勧めです。

カップ類

ペットボトルを切ったもの、紙コップ、なんでも良いです。

主に部品の洗浄に使います。

 

まとめ

こんなところでしょうか。

工具以外はほんのちょっとしたものですが、あると絶対に便利ですので出来れば全部用意することをお勧めします。

 

工具類はホームセンターでも購入できますが、特殊ネジのドライバーはもしかしたら売っていないかもしれません。

全国にあるアストロプロダクツストレートなどと言った輸入工具店が近くにあるなら、そういう工具店もお勧めです。

輸入工具って聞くとなんだか敷居が高そうですが、上記のお店はめっちゃ安い輸入工具の店ですw(自社ブランド?)

もちろん高い工具も売っていますけどね。

 

こういうのもアリだと思います。


-メンテナンス

© 2021 ベイトだけで、イイかもね。