タコ リール ロッド

タコ釣りにおける深刻な悩みをタックルのせいにして考えてみる

タコ釣りってやっぱり病みつきになりますよね。

今年のタコ釣りはもう終わりだと思っていたんですが、どうしてもあのズ〜ンが忘れられずについ先日も行ってきてしまいました。

12月に入っても、まだまだ釣れるんですねw

で、私。

最近のタコ釣りにおける深刻な悩みがありまして。

今回はそんなお話を。

 

タコ釣りしていての悩み

結論から申しますと、最近タコ釣りをしていると必ずと言っていい程左腕が腱鞘炎になるんですね。

正確には腱鞘炎ではないかもしれませんが、腕がかなり痛くなり帰宅後の日常生活に大きく影響が残ります。

もうね、ズボンを下ろせなくなるくらいに痛くなるのです。

 

タックルが悪いのか、それとも釣り方が悪いのか。

釣り方、ロッドの握り方、力を入れる方向、両手でロッドを持つ、色々試したのですが改善しません。

あとはタックルのせいかなとは思うんですよね。

 

そもそも釣りはスポーツなんだから多少の筋肉痛は目をつぶれ、タコトレーニングして筋力付けろ。

って言ったらそれでお終いなんですが、そうとも言ってられないくらいの悩みではあるんですよ。

去年はあまり気にならなかったので、もしかしたら左ハンドルメインにしたことによる左のパーミング筋が弱っているのかもしれませんし、単に歳のせいかもしれませんが。。。

 

今のタックルで間違っていないか?

そもそもタコ釣りっていうのは、ごっついタックルで重たいタコエギをひたすらチョンチョンチョンチョンやってくる釣りです。

チョンチョンしないでズル引きでもいいかもしれませんが(疲れたらズル引きになるw

それを沖堤防なら船が迎えに来るまでの68時間、ず〜っとやっている訳ですからそれなりに疲れてくる訳ですね。

 

で、そこで問題になるのがタックル重さ。

と言いたいところなんですが、残念ながら私のタックルはタコ専用タックルでは無くバスタックルを流用している訳で、タコ専用タックルと比べても軽いタックルを使っているのです。

私がタコ用に使っているロッドはアブガルシアのHSPC−724Hというロッドで、自重が163gです。

 

ピュアフィッシングホームページより引用

一方、同じくアブガルシアから発売されているタコ専用ロッドは自重158218gと、モデルによっても異なってきますが、これと比べても私のロッドが特別重たい訳ではないことが分かります。

長さも近いですしロッドのアクションその他で身体に掛かる負担が極端に変わるとも思えませんし。

グリップが若干短いのがちょっと気になりますが、まぁパックロッドの中から選ぶ関係でロッドはこれで問題ということにしておきます。

 

じゃあリールは?

多分私の使っているリールは、タコ釣りやっている人の中では最軽量クラスになるんじゃないですかね?w

 

そもそもタコ釣りにごっついリールって必要なの?

釣り場では沢山のタコ釣りおじさんを目にします。

多くのタコ釣りおじさんは、

「それ何用のリール?」

みたいなごっついリールを使っているんですよね。

 

メタリックで丸くてレベルワインドすら付いていないようなガチなリールを。

当然めちゃくちゃ重いとは思うんですが、あれで腕痛くならないのか不思議でなりません。

結構ご年配のおじいちゃんもいらっしゃいますからね。(というか多い)

やっぱり、私の身体が弱いだけなんでしょうかね。

腕が太いと良く言われますし、握力もかつては左右とも74kgあったんですけどね。。。

 

左ハンドルにすれば問題解決か?

今使っているリールは、 手持ちで出番がなくなったリールをタコ用に当てがっているだけなんですが、それに伴いドラグを強化しハンドルもシングルの大きいハンドルに交換しています。(ともにレボビーストのお下がり部品)

スプールは33ミリで超深溝ではないものの、PE4号が7080mちょっと巻けるので特に不満は出ていません。

フルキャストしてボトム取ると、ラインがほぼ出切ってしまいますけどね。

使い切っている感があって逆に気持ちよさすらありますw

スプールが小さいので必然的にコンパクトで軽いし、腕に掛かる負担は軽減されているとは思うんですよね。

 

最終的には腕の腱鞘炎?に関して言えば、リールを左ハンドルに変えることによって解決するんじゃないかなと思っています。

少なくとも左腕は守れる筈です。

逆に右腕が腱鞘炎になる可能性は否定できませんけどね。

過去に左ハンドルのタトゥーラでタコ釣りしてきたことがあったのですが、その時は右腕が痛くなった様な記憶がない訳でもありません・・・w

 

理想は、左右ハンドル機を用意して途中で左右を入れ替えるのが身体への負担を減らせるのか?

なんて真剣に考えたりもしているくらいです。

 

今買うならこんなリールが欲しい

今のところタコ釣り用に大きなリールを使うつもりはありません

今のリールの不満点といえばギア比と右ハンドルということくらい。

本当はゴリゴリ巻いてくるには右ハンドルの方が個人的には巻きやすいのですが、釣れた時よりもチョンチョンやっている時間の方が圧倒的に多いので、そういう意味で左ハンドルの方がいいのかなと思い始めました。

 

ですので、そういうリールを見つけたら買おうかなくらいには考えています。

タコ用に使うベイトリールというとどうしてもデカくてゴツいのを想像されると思うんですが、私的には200gくらいの軽量コンパクトなリールで探していこうと考えているんですよね。

 

まぁできれば樹脂ボディではなくメタルボディで剛性が高いに越したことはありませんが、いっそのこと安価なBlackMAX3とかでも良いかななんて。

手持ちのABU5000winchなんてそれこそバッチリ合いそうな気もしますが、パーミングがデカすぎるのと重たいので今さら使うのはちょっとね〜。。。

人間、楽を覚えるとついつい楽を追い求めてしまうんですね〜ww

 

で、色々調べた結果、レボXなんて良さそうかなと思いました。

ギア比5.4:1のローギアモデルもあるし、自重224gとそれ程重くもないし。

これの左ハンドルを第一候補にして、新モデルが発表されるまでちょっと待ってみようかなと思います。

不意に価格が落ちたりしたら、リアクションバイトするかもしれませんw

夏には8000円位だったのか〜・・・

まとめ

すっかりタコの魅力に病みつきな私ひっさんなんですが、釣りに行った後の左腕の痛みにちゅいてはちょっと考えなくてはなりません。

3時間勝負、とか割り切ってやれば良いのかもしれませんが、せっかく渡った沖堤防ならガッツリやりたいという気持ちもあって、なかなかそうもいかないんですよね〜。

あぁ、タコ楽しぃ♪

-タコ, リール, ロッド

© 2021 へそ曲りベイト道 ひっさんのブログ