Twitter 豆知識 雑談

ガイドにフックを掛ける?掛けない?リールに掛けてるその理由

釣りをしていてちょっと休憩とかちょっと移動という時、ルアーはどうしていますか?

  • ルアーを外す
  • ロッドティップからぶら下げたまま
  • ロッド、リールのフックキーパーに引っ掛ける
  • ガイドに引っ掛ける
  • リールに引っ掛ける

諸々の方法があるかと思いますが、私は主にリールに引っ掛けています

大きくポイントを移動する時なんかは、スナップからルアーを外すことも多々あります

その理由なんかを書いていこうと思います。

 

ロッド、リールのフックキーパーは使わない

最近のロッドってどうなんですかね?

フックを引っ掛けるハリガネ?みたいなのは昔のロッドにはよく付いていました。

ゴムバンドみたいなので後から付ける事もできますよね。

 

最近のアブガルシアのリールにもフックキーパーを搭載している機種が増えているようです。

スチャッと出して引っ掛けるみたいな、便利機能搭載って感じですね。

人によっては凄く便利というレビューをしているみたいです。

個人的には全く必要ないと感じていますが。

 

ロッドにしてもリールにしても、フックキーパーと呼ばれるものに引っ掛けるのがものすごくメンドクサく感じてしまうからなんですね。

さっと届くところにないと言いますか、ちょっと奥まった部分と言いますか・・・。

 

ガイドに引っ掛けることはありません。

ガイドのリングは硬いから傷が付かないとか、ガイドのフットには傷が付くとかそういう話ではなくて

そもそもガイド周辺にはルアーを引っ掛けません。

逆にルアーを外したスナップ単体はガイドに引っ掛けています。

 

理由は二つ、先にも書いたように手元からちょっと距離が遠くてなんかメンドクサく感じるからというのと、ロッドに傷を付けたくないからというもの。

ここでいう傷というのは、見た目を気にしている傷の事ではありません

ロッドの破損に繋がる傷が入るのを防ぐという意味です。

 

釣具は大切に扱っています。

が、傷は思い出としてガシガシ付いても良いとも考えています。

特にリールは。

私の所持しているリールは結構傷だらけですからw

 

しかし、ロッドのブランクスに関しては話は別です。

何かしらの傷が入った箇所から折れるということが起こり得るからなんですね。

 

例えば、ガイドに40gのメタルジグのアシストフックを引っ掛けたとします。

そのまま歩いてゴロタ浜を移動したとすると、メタルジグはブランブラン暴れてロッドにガシガシぶつかることでしょう。

表面的な浅い傷なら問題ないかと思いますが、芯までジ~ンと来るような衝撃が入ればブランクスに良い訳がありません。

 

その昔、タックルボックス誌の連載や間違いだらけのバッシングといった本の記事を読んでからは、ブランクスは非常にデリケートだという認識を持つことができました。

アワセや根がかりが抜けた時に吹っ飛んできたルアーがロッドに当たって、それが折れる原因となることが多々あるということを。

実際、暗闇でエギをシャクってて吹っ飛んできたエギがロッドに当たったことがあります。

そしてその翌日・・・

 

そうした考えのもと、私はガイドにルアーを引っ掛けることはないということなんですね。

但し、ルアーを外したスナップ単体の時はよく引っ掛けています。

 

スナップ程の大きさとなるとガイドしか引っ掛ける場所がないというのと、ロッドに傷を付ける心配は皆無ですからね。

その時はガイドリングに堂々と引っ掛けていますよ( ̄ー ̄)bグッ!

 

先日たまたまこういうツイートを見かけました。

メーカー開発の方と同意見で、ちょっと安心しましたww

 

普段はリール本体に引っ掛けています。

じゃあどこに引っ掛けるのかというと、私はリール本体に引っ掛けています。

機種毎に引っ掛ける場所は変わるかもしれませんが、自然とここだよねという場所があるはずです。

 

リールに傷が付く?

正直付くかもしれませんね。

ただ、私の使っている機種に関して言えば、今までこれが原因で特に気になるような傷は入っていませんね。多分

アンタレスの様なピカピカしたリールでしたら気になるかもしれませんが。。。

 

結構酷使してきたロキサーニパワーシューターですが、あらためて見てみてもルアーを引っ掛けた傷はほぼ皆無でした。

アブの塗装は弱いとかよく言われますが、全くそんなことないと思います。

カルカッタの様なシルバーやゴールドのアルマイトだと、もしかしたら傷が目立つかもしれません。

 

そもそもリールの傷はあまり神経質に気にしていない、という性格という部分も大きいかもしれません。

繰り返しますが、釣具は大切に扱っていますよ( ̄ー ̄)bグッ!

 

引っ掛ける時に気をつけていること

一応、タックルに最低限傷が付かないような気遣いはしています。

メタルジグやプラグの場合、リアフックを引っ掛けることによってルアー本体が暴れるのを防ぐことができます。

 

ダウンショットリグの様なフックとシンカーが離れている場合はちょっと厄介ですよね。

ワームフックを同様にリールに引っ掛けて、シンカーをロッドを握る手で一緒に握って移動しています。

いずれにせよ、ロッドにガシガシ当たる事だけは気をつけている感じですね。

 

あと、PEラインにフックが引っかかって傷付けないような気遣いもしていますね。

-Twitter, 豆知識, 雑談

© 2020 へそ曲りベイト道ひっさんは ベイトタックルがお好き