YouTube エリアトラウト

エリアトラウトの巻き合わせ、が出来ました(・∀・)

最近はエリアトラウトばっかり行っている私ひっさんでございます。

動画もこればっかりとなってきていますが、いつまでたっても初心者でありますw

 

少しずつ、テーマを絞って上達していけたらなと、のんびりした気持ちで挑んでいる訳ですが、

よく動画のコメントで

「巻き合わせを覚えた方がいいですよ」

と教えて頂いているので、

ちょくちょく巻き合わせを意識していたのですが・・・

 

やってみるとついついロッドを立ててしまう。

もともとビシッと合わせてしまう癖がついているのか、なかなか身体が反応してくれず、

巻き合わせが出来ないでいました。

 

この度、ようやっと巻き合わせができましたのでご報告でございます。

一回できたら、その後は自然と出来るようになってきました。

 

そもそも巻き合わせって何?

リールを巻いて合わせる。

って事でいいんですよね?

ググって調べてみましたところ、概ねそんな感じで間違いないだろうと思います(適当でスミマセンw)

 

いつもリーリングしてくる時、ロッドとラインは90度位になる様構えていましたが、

エリアトラウトでの巻き合わせの際は、ロッドとラインを一直線にした方が良いとの事。

もちろん、巻き方、スプーンの姿勢、レンジ、遠くと手前、等でこの限りではないのですが、

とりあえず今回は難しく考えず(考えられない)一直線でやってみました。

使ったロッドがXRFC-654ML-BF-MBだったということもあって、その方がロッドがバイトを弾くという事もないだろうと思いましたし。。。

 

後に動画を確認したところ、全然一直線ではなかったというのが実際のところではありますがwww

 

巻き合わせのメリット・デメリット

あくまでも自分なりの考察です。

ググってみると色々書いてありますが、情報が多すぎて良く分からないので(思考停止か?)

自分なりに感じた、現時点での考えをまとめてみます。

 

巻き合わせのメリット

  • タイムラグが少ない(気がする)
  • ミスってもルアーの移動が少ないので再びバイトに持ち込む事が出来る
  • 自分の方に吹っ飛んでこないw

 

巻き合わせのデメリット

  • しっかりフッキングできているのか不安
  • これを体が覚えてしまい、ショアジギ等でショボい合わせになる可能性があるのが心配

 

今のところ目立ったデメリットは感じていません。

フッキングが不安なら乗った直後にしっかり乗せればいいのかと思いますが、

エリア用のフックは細軸でバーブレスですので、多分しっかり刺さっていることと信じます。

(バーブレスは貫通性能が高いのです)

 

ショアジギ、他色んな釣りでショボ合わせになるかどうかは、

自分の問題ですのでテクニック自体のデメリットではそもそもありませんしね。

 

まとめ

とにかく合わせをミスっても、自分の方にルアーが吹っ飛んでこなくて、

そもそもミスが少ない(様な気がする)この巻き合わせは、是非覚えておいて損はないテクニックだと感じました。

身体が反応するようになるまで時間が掛かったのは、もうおっさんだからだと思いますのが、

もっと早く身に着けておけばよかったな。

何度もコメントで教えてくださった視聴者様には感謝感謝でございます(`・ω・´)ゞ

 

余談ですが動画で使ったパックロッド、意外とイケます(・∀・)

XRFC-654ML-BF-MB をAmazonで探す

アブガルシア(Abu Garcia) クロスフィールド XRFC-654ML-BF-MB 1480492

-YouTube, エリアトラウト

© 2020 へそ曲りベイト道ひっさんは ベイトタックルがお好き