妄想 雑談

このブログで伝えたいと思っている『本音』の話

あまり釣りに行かない釣りYouTuberとして、ここ数年は動画投稿もちょいちょい頑張っています。

先週より嫁子供が数か月ぶりに帰ってきたので、育児家事に追われ動画はちょっとお休みしていますけどね。

 

一方こちらのブログでは結構どーでもいい感じの事ばかりを書いている気もします。

たま~にちょっと役に立ちそうな事を書いたり、釣りに行った報告みたいなことも書くことはありますが、

基本的には殆どの人がどーでもいいと感じるような事を扱っているという自負は多少なりともあるのです。

 

自分なりに何かを伝えたいという思いがある一方で、拙い国語力による何とも意味不明な文章により、読む人に優しくない内容になっているのは本当に心苦しく思っているところではあるんですね。

小中高と400文字の原稿用紙に書いていく作文が単なる苦痛でしかなかった私が、最も長く作文を書いたのが高校停学になった時に毎日原稿用紙10枚書かされた反省文だったのは間違いないのですが、

それが今こうやって誰かに何かを伝えようと、不器用なりに文章書いているんですからね~ww

 

っとここまで書いて約500文字、名前と題名入れて原稿用紙1枚半かぁ。成長したなオレ…( ̄ー ̄)

 

このブログで釣り日記は多分書きません

よくある釣りブログのような釣果情報みたいなことは期待しないでください。

朝マズメ、夜明けとともに隣の釣り人にヒット。

期待が高まる。

 

ルアーを信じて投げ続ける。

5、6、7・・・カウントダウンしてリトリーブ開始、

流れに乗せながら丁寧に潮の重みを感じていると・・・

 

グググッ

結構デカそうだ・・・

 

な~んて事は書けませんから。

全部それ書いてたら超絶メンドクサイしねw

 

大体さ、今釣れたサカナは何カウントで釣れたかどうかも、次のキャストで忘れてるくらいだし、

仲間に「今の表層だった?」と聞かれて平気で「ボトム!」って嘘教えるレベルですから。

いや嘘ついている認識はまったくないんですよ、素で間違えているだけで。

動画編集してて初めてその嘘に気が付くのサwww

 

で何の話でしたっけ?

そう、だから私ひっさんの釣り日記は書きませんよっていう話ですね。

タックルインプレッション的な事は生意気にも書いたりしていますが、うっす~い内容のインプレしか出来ませんしね。

で結局どーでもいい記事が多くなってくるんですけど。

だってYouTubeの動画にそういうどーでもいい話持っていくと、再生回数回らなかったり反応もらえなかったり、コメントでイジワル言われたりして辛いことが多いんですもん。。

ここのブログならそういうこと気にせずに書けるのがいいんですよねぇ( ̄▽ ̄)

 

このブログで伝えたい事と書きたい事

釣りのすばらしさを伝えたい。

ベイトリールの楽しさを伝えたい。

そんなんじゃないんですよ実際は。

そんなのわざわざ言わなくても皆知ってるでしょ。

 

沢山ある釣りの中のほんの一部の

沢山ある釣り方のほんの一部の

沢山ある道具のほんの一部の

それらのほ~~んのちょびっと先っちょの部分を、ちょっとだけ曲がった視線や切り口で見ていった時の風景を伝えたい。

そういう部分に共感してくれるマニアックな人が一人でもいたら、単純に嬉しい。

そんな感じですかね。

 

よく動画のコメントとかでも頂くんですが、

このロッドでこの釣りは出来ない、とか

このリールはあの釣りには向かない、とかそういうの。

どーだっていーじゃん!って思うんですよね。

遊びなんですから。

 

そりゃ真剣にその釣りに向き合っている人からするとそういう風に映るかもしれませんが、こちらとしては真剣に遊んでるんですよ。

魚に走られて周りに迷惑を掛けてしまうとか、絶対取れないような細糸で無駄に魚にルアー付けたまま逃がしてしまうとかはまた別問題ですが、

一般的と言われるような『定番』から少しだけズラした部分で遊びたいっていう癖があるのかもしれません。

それは必ずしも『好結果』を求めた結果ではなくて、単純にやってみたい試してみたいという好奇心からなんですかね。

 

まぁ一応釣果的に外したくないという気持ちももちろんありますので、遊び要素はサブとして持っていく事が多いですけどね。

 

タックルの型番を毎回表に出している意味

 

タックルの型番はあまり表に出さないで動画やブログを作っている人も多いですよね。

そんな中私は毎回使用タックルを表に出す様に心がけています。

特別高いタックルという訳でもないのにあえて出しています。

 

それはやはり見ている人の多くが、「同調や前例を求めている」と考えているからなんですね。

このロッドってあの釣りには使えないの?

このリールは海で使ったらバカにされる?

こういう使い方している人いないのかな?

そういう不安を持っている人が意外と多くいるみたいなんですね。

 

バスロッドはバス用の竿と決めつけるのが悪いとは言いませんが、そこをあえて崩していくのを「見せる」人がいてもいいんじゃないかと。

メーカーからしたら、もしかしたらウザい奴かもしれませんけどねw

 

もちろん崩すといっても、何も知らない初心者や堤防にいるお爺ちゃんがやるようなメチャクチャな崩し方はしませんよ。

ちゃんと自分なりのバランスと釣り味を優先させた崩しをやってきているつもりではありますので。

数回投げてバキッって折れちゃうような組み合わせとか、いくら助走をつけて投げようが数メートルしか飛ばないような組み合わせとか。

そういうのじゃないです( ̄ー ̄)

 

最後に

 

何度もいろんなところで言っていますが、釣りは楽しんでナンボです。

遊びなんですから。

遊びといっても決してふざけてやる訳じゃないですからね。

真剣に遊びましょ!!

 

釣りという人生の中の一部分の行動の、どこをどうやって切り取って遊んでいくか。

買い物も、仕掛けを作るのも、餌を考えるもの、ルアーを作るのも、入れ物に入れてニヤニヤするのも・・・

釣りには無限の遊び方がありますから、難しく考えないでもっと手軽に簡単に考えて色々妄想して迷走して悩んで難しく考えて・・・しましょ!ww

 

結局また拙い文章力によって何が言いたかったのか、どこに着地したかったのか、自分でもわからなくなってしまいました・・・おわり

-妄想, , 雑談

© 2020 へそ曲りベイト道ひっさんは ベイトタックルがお好き