エギング パックロッド ベイトフィネス レビュー

【万能パックロッド】SBFC-745MLS-KR をエギングに使ってきた感想

5ピースで収納コンパクト

1g〜のベイトフィネスから、18g位までのメタルジグまでと用途の広さも魅力のパックロッド

アブガルシア ソルティーステージ KR-X ベイトフィネスカスタム SBFC-745MLS-KR (長い)

 

以前にも簡単なインプレッションを書きましたが、今回はこのロッドをエギングで使ってきたのでその使用感なんかをまとめておきたいと思います。

最初にお断りしておきますと、私はエギングは過去数回程度の経験しかなく完全に初心者であることですね。

今回の旅ではずっとエギングばかりをやってきたので、イカは20数杯釣ってはきましたが、未だ分からない事だらけと言う感じですので悪しからず。

【万能パックロッド】SBFC-745MLS-KR をしばらく使ってみてのインプレ

今年の春に購入したパックロッド SBFC-745MLS-KR をしばらく使ってみたので、そのインプレッションを書いていこうと思います。 とは言っても、今のところカサゴしか釣っていないんですけどね。 エ ...

続きを見る

現在発売されているベイトのエギング専用ロッドは殆ど無い?

エギングロッドというと市販されているその殆どがスピニングロッドになるかと思います。

『ベイト エギングロッド』

なんかで検索してみても、そこに出てくるのはちゃんとした専用ロッドというのは殆どなく、数千円の安い万能竿だったり船からの竿だったりでした。

 

もともとエギングロッドは色々な釣りに使える万能ロッドと言われる事が多いことからも、逆に言えば色々使える汎用性の高いロッドでエギングをすることは十分に可能と言えそうですよね。

というわけで万能ロッド大好きな私としてはもちろん専用ロッドを探し回るのではなく、手持ちのロッドの中からエギング出来そうなロッドをチョイスするという流れになるんですね。

 

そんな中での一本がこのSBFC-745MLS-KRだった訳でございます。

SBFC-745MLS-KRをエギングで使ってきた率直な感想

SBFC-745MLS-KR でエギング、イケる!

率直にそう思いました。

 

相性のいいエギのサイズは?

今回は2〜3.5号までの色々なエギを投げてきましたが、その中でも特に2.5〜3号のエギを多用してきたんですね。

2.5号が最も反応が良かったのですが、時折3.5号を投げてみたりと試してきました。

そんな中、このSBFC-745MLS-KRと最も相性良く感じたのは2.5号エギでしたね。

 

3.5号でも投げられなくはなかったですし、シャクリも特に不満があったわけではありません。

ですが、ロッドのルアーウェイトが1.5〜18gというこのロッドに3.5号(約20g)というのはちょっと荷が重いのかな?という気もしないでもありませんでした。

そういう意味では2.5〜3号がメインの、いわゆる秋イカを狙う時に最適という見方も出来ます。

 

飛距離は?

飛距離に関しては、2.5号で30mちょっと、3〜3.5号で40m程といったところでしょうか。

他のエギンガーの人と比べると、正直ちょっと劣っていましたねw

投げプッツンしてエギを吹っ飛ばすのが嫌だったので、あまり頑張っては投げていません。

 

そもそもあまり飛ばしても、エギング初心者の私には何をやっているのか分かり難く感じてしまうため、飛距離は程々でいいかなという感じで釣っていました。

 

7.4フィートという長さはどうなのか?

別にこれでいいんじゃないかな?っていう気がしているんですが、風がある場面では確かに長さ不足を感じたものまた事実。

というもの、風がある時は真っ先にラインを海面に置きたいんですね。

そうしないとどんどんラインがはらんじゃいますから。

そういう時に海面が近ければ特に問題ないんですが、殆どの釣り場では足場が高く海面が遠い事が多かったんです。

ですから、ラインメンディングという意味では長さ不足を感じてしまいました。

 

シャクる動作に関してはまぁ必要十分かとは思います。

もっとも50m以上遠投してシャクるとなるとそれなりのストロークが必要かと思いますが、残念ながらそれ程遠投できていた訳でもないのでねw

 

ですから長さに関しては状況次第といったところでしょうが、とはいってもせいぜい30センチ位の違いですからねぇ・・・。

いいんじゃね?って思うのですw

 

ソリッドティップだけどシャクリは大丈夫?

このロッドはソリッドティップなので、最初は折れんじゃないかな?と心配していたのですが、そんな心配は全く無用でした。

ソリッドティップだということは殆ど気にすることなく数日間シャクり続けてきましたが、危ない感じも全く無かったです。

 

もっとも、無意識で危ないシャクり方や扱い方を避けているという事もあると思いますので、誰が使っても折れないという意味ではございません。

過去に釣りをしていてロッドを折った経験が複数ある方や初心者の方は、もしかしたら・・・。

 

ラインスラックを出してシャクる、スラックジャークって言うんですかね?

そういうシャクり方で、ロッドが立った状態で一気にテンションが掛かるようなシャクり方をする方は危ないかもしれません。

まぁそれはこのロッドに限った話ではないんですけどね。

上の写真の様に、ロッドとラインの方向が90度以下になるようなシャクり方は避けたほうが良さそうです。

 

こういうリールを巻きながらシャクる方法の方が、変にラインがたるまずにロッドティップには優しそうな気はしています。

最近知ったのですが、ショートジャークって言うんですねw

ベイトタックルでやる場合、ちょっと難しく感じますがちょっと練習すれば出来るようになると思います。

ベイトエギングで最も難しかったのは『シャクる動作』でした、シャクり易い方法とは?

スピニングが主流の釣りをベイトタックルでやろうとする時、まずは投げれるかどうかを考えますがそれ以外にも色々と悩むことは多くあったりします。   エギングも一時期メーカー(ダイワ)がベイトタッ ...

続きを見る

SBFC-745MLS-KR のソリッドティップはティップラン的なエギングにも対応する?

エギングにはティップランという釣り方もありますよね。

主にボートから釣る釣り方だと認識していましたが、最近ベイトエギングロッドを探していて見つけたのが、

ショアティップラン という釣り方。

 

何がどう違うのか私には分かりませんが(オイっw)、ソリッドティップでアタリを取る様な釣り方で間違いはなさそうです。

そういう意味では、私のエギングもライン以外にティップでアタリを取ろうとしたり色々試行錯誤していたので、ティップラン的な使い方もしていたのかな?知らんけど。。。

 

以前、鹿児島の友人に船で沖に連れて行ってもらった事があったんですが、その時ちょっとだけティップランエギングをやったんですね。

その時、ロッドはアジングロッドで代用できると聞いた記憶があります。

そういう意味ではこのロッド、ティップランでもショアティップランでも使えるんではないでしょかね。

 

あの時はエギが海藻に根がかりして、揺れる船と漂う海藻に騙されてイカが釣れたかも〜?って騒いだ記憶だけが残っています。

だってさ、ぎゅ〜んぎゅ〜んって引くんだもんwww

そういえばその時出港した漁港って、今回エギングしていた漁港のすぐ裏だったんですよねぇ。。。

 

組み合わせるリールとラインは何が良いのか?

主に使ってきたリールは2台ありました。

  • ダイワ 20タトゥーラSVTW
  • アブガルシア レボALC-BF7

それぞれのリールに巻いたPEラインは、他の釣りでも使うことも考慮しての最終的な結果です。

 

ダイワ 20タトゥーラSVTW + PE0.8号200m

このリールには、PEPE0.8号を200mという運用に落ち着きましたね。

リーダーはフロロ8lbを2ヒロ程使用しました。

 

因みに私のタトゥーラはドラグクリック音が出る様に改造して使っています。

エギングにおいてはドラグクリック音は必須な気もしますので、これから購入を考えている方はALC-IB7とかの方が良いかもしれません。

 

個人的にはエギを投げるという意味では、タトゥーラの方が投げやすかったですね。

アブガルシア レボ ALC-BF7 + PE0.6号100m

ALC-BF7にはPE0.6号を100m巻いてみました。

リーダーはフロロ6lbを組み合わせています。

 

エギング用にベイトフィネスリールを選んだ理由

ここ数日の間にすっかりマイブームになった感があるエギング。 普段なかなか出来ない釣りなので、ここぞとばかりに楽しむ所存でございます。   さて、今回はエギングに使っているリールの話。 特に深 ...

続きを見る

2.5号エギは約8gの自重がありますので、無理してベイトフィネス機を使う必要ももちろんありません。

ただ、エギング以外にもライトロックやウルトラライトなメタルジグやジグヘッドワームもこのロッドの守備範囲になりますので、それらの釣りも SBFC-745MLS-KR これ一本で色々こなすという意味では、BF7にPE0.6号という組み合わせの方がより汎用性が高いような気もします。

何よりもBF7はその自重がタトゥーラよりも50gも軽いので、シャクる釣りでは操作感も良いですし。

 

ただし3.5号のエギも投げるのであれば、タトゥーラにPE0.8号の組み合わせの方が安心な気もしますね。

SBFC-745MLS-KR は旅のお供には間違いなくお勧めの一本

エギングだけをするなら他のロッドを選んだほうが良い場合ももちろんあります。

5ピースのパックロッドである必要もないですしね。

 

ですが、色々使えて小さくコンパクトに仕舞えて旅にも持っていけるパックロッド、という意味ではこのロッドは最高の選択肢になると断言出来ます。

アジング、メバリングも出来て、なんならエリアトラウトでも遊べて、ライトロックだって出来るし、小さいメタルジグで何かが釣れるかもしれない。

もちろんエギングだって出来ることが分かりましたし、ちょっとした餌を用意してちょい投げしても楽しいでしょう。

今回の鹿児島では釣れませんでしたが、チニングだって・・・

 

ある意味、最高のベイト万能パックロッドなのかもしれません。

Amazonでは現在品切れ中なんですけどね。。。

 

-エギング, パックロッド, ベイトフィネス, レビュー

© 2021 へそ曲りベイト道 ひっさんのブログ